2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

異邦人

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

フィギュア王 No.104 仮面ライダーチップスR[第1記録]

20060930 フィギュア王 No.104に「仮面ライダーチップスR[第1記録]」の記事が載っていた。

先日の通販サイトからのメールはこれのことだったらしい。

記事によると、35年ぶりの新シリーズ。初代の1号ライダーから仮面ライダーカブトまでをフォローした構成になるようだ。全171種で、ノーマルカード144種、スペシャルカード27種。10月下旬の発売予定。メールの発売予定よりも早いが、これは地域の違いによるものだろうか?

今回は35年前の社会現象(ライダースナック投棄)を考慮してか、通常のピロパックに入ったものも発売される。こちらの商品名は「仮面ライダーカードR」。コレクターにはうれしい配慮。

以前のライダーカードにはあった、ラッキーカードプレゼント企画はないらしく、講談社から11月中旬に仮面ライダーチップスR専用バインダーが発売される。

うーん、買ってしまいそう。

10月24日発売のフィギュア王 No.105に「仮面ライダーチップスR」チェックリストカード4枚と謎のカード1枚が特別付録としてつくようだ。謎のカードって何?。

2006年9月29日 (金)

ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 予約特典フィギュア

20060929_001_1 20060929_002_2 昨日発売の「ポケットモンスター ダイヤモンド&パール」、きっちり発売日に通販サイトより届いた。

予約特典フィギュアは「ダイヤモンド」の「ディアルガ」と「パール」の「パルキア」。

20060929_003_2 それと2本同時予約特典の「たびだちの仲間」。

苦労して、通販サイトを探して予約した割には、ヤフオクでチェックするとかなりの数が出品されている。結構安値で・・・。

ゲームの方は早く始めたいのだが、未だ「ジージェネ・ポータブル」は半分を少し過ぎたばかり。いつになることやら・・・。

2006年9月28日 (木)

[映]ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT

20060928_002 「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」

監督 ジャスティン・リン  出演 ルーカス・ブラック、ナタリー・ケリー、BOW WOW、ブライアン・ティー、サン・カン、レオナルド・ナム、北川景子、千葉真一、他

MOVIX仙台にて鑑賞。

「ワイルド・スピード」の第3作。なのだが、前2作とはストーリーに何のつながりもない。強いて言えば、ラストに「ワイルド・スピード」のあの人がカメオ出演していることぐらいか。

東京が舞台のこの映画、「ワイルド・スピード」というよりは、「ワイルド・ドリフト」。

最初のカリフォルニアのストリート・レースだけは、建築中の住宅地を利用してのスピード・レースだが、東京に移ってからは、最初の駐車場のビル内でのドリフト・レースからラストの「頭文字D」ばりの峠レースまで、ドリフトのオンパレード。ドリフト好きはたまらないかもしれない。

それにしてもあの主人公、とても高校生には見えないし、ヒロインもお水のお姉さんみたい。二人とも制服が似合わないったら、ありゃしない。

千葉真一はやくざの親分役で、貫禄十分。さすがサニー千葉。

妻夫木聡は駐車場レースのスターターで一瞬のカメオ出演。妻夫木ファンはそのために見に行ったら、怒り出しそう。

2006年9月27日 (水)

ジージェネレーション・ポータブル 攻略状況 その6

ようやく「機動武闘伝Gガンダム」のシナリオクリア。

「Gガンダム」はそうでもなかったが、「Vガンダム」のステージ5の敵ユニットの多さには目眩がしそうだった。ユニットが戦艦から出ないうちにさっさと撃破しておけばいいのに、わざわざ出撃させてから撃破するから余計そうなのだが・・・。疲れた。

20060927 現在のコレクション、TOTAL 66%、キャラクター 64%、ユニット 66%、戦艦 68%、ムービーコレクション 71%。

「Gガンダム」のシナリオクリアで、クリアステージ数37。ようやく全ステージの半分を超えたところ。まだまだ先は長い・・・。

明日はいよいよ「ポケモンDS ダイヤモンド&パール」の発売日。通販サイトからは商品発送のメールが入っている。

楽しみではあるが、これもまだまだ時間がかかりそうだし、困った。

2006年9月26日 (火)

グイン・サーガ特別限定ボックス『PANDORA』

グイン・サーガ特別限定ボックス「PANDORA」がアマゾンから届く。

グイン・サーガはいわずと知れた栗本薫先生のヒロイック・ファンタジー。一人の小説家の書いた小説としては世界最長と思われ、ギネスにも申請された。(一冊ものではないということで却下された。)最初の構想では本編100冊ということだったが、100冊を越えた現在も継続中。いったいどこまで続くのやら・・・。

20060926_003_1 グイン・サーガ100巻達成から一周年を記念して発売されたこの特別限定ボックスの中身は

・グイン彩色フィギュア   イラストレーター丹野忍氏の「グイン・サーガ オフィシャル・ナビゲーションブック」のカバーイラストを基にしたもの。原型製作は岩倉圭二氏。

20060926_001 ・皮製ブック・カバー  文庫用

・キャラクター・トレーディングカード 24枚  文庫のカバーイラストのもの

・カラー・マップシート  グイン・サーガの世界

・マウスパッド  丹野忍氏のイラスト

20060926_002_1 ・オリジナル・ストーリーブック  書き下ろし短編

1979年SFマガジン誌上に、第一巻となる「豹頭の仮面」が掲載されたのを、むさぼるように読んだ記憶がある。その後、ハヤカワ文庫書下ろしとなって、現在に至っているが、実は本編からはドロップしてしまっている。完結したら読もうと思って、全部買ってはあるのだが、未だ終わらないこのシリーズ、本当に読めるのか、かなり不安になってきている。

ところで、この限定ボックス、受注生産じゃなかったの?。アマゾンやほかのサイトででもまだ購入可能なんだけど・・・・。いったいどうなっている?。

2006年9月25日 (月)

[DVD]ウォーキングwithダイナソー 脅威の恐竜王国

Asby1899 DVD「ウォーキングwithダイナソー 脅威の恐竜王国」がアマゾンより届いたので、早速視聴開始。

2枚組みで、

DISK1 1.新しい夜明け 三畳紀  2.巨大生物の時代 ジュラ紀後期  3.海からの息吹 ジュラ紀後期  4.遥かなる空へ 白亜紀前期  5.地の果て 白亜紀中期  6.最期の時 白亜紀後期  約180分

DISK2  メイキング オブ ウォーキング with ダイナソー  49分

まだ全部は見終わっていないのだが、これはすごい。これを見てしまったら、今年の夏のNHKのCGは色あせて見える。まあ、こちらは総額12億円も製作にかけられている様なので、しょうがないところもあるのだが・・・。

背景は当時の環境に近い場所で撮影された実写。恐竜をはじめとする古生物はCGだけでなく、ミニチュアも使われているが、実物がそこにいるとしか思えないようだ。

製作は1999年なので、少し古い復元もあるようだが、とにかくこれは一見の価値あり。

そういえば、最近の恐竜に関するニュースによると、三畳紀の後期の恐竜コエロフィシスは共食いをしたと考えられていたが、実はそうではなかったらしい。胃のあたりに幼体の化石があったため共食いと考えられていたが、コエロフィシスの幼体と考えられていた化石は実は初期のワニ類の化石とわかったそうだ。

2006年9月23日 (土)

「縄文の森広場で発掘調査を見てみよう」会

「縄文の森広場で発掘調査を見てみよう」会に参加してきました。

20060923_001 「仙台市縄文の森広場」は「地底の森ミュージアム」の分館に当たる施設で、縄文時代のムラがあった山田上ノ台遺跡を保存し活用するための施設。施設では、縄文土器作り、石器作り、勾玉作りなどの体験活動も行われており、今日も体験されている方が、多数いらっしゃいました。

20060923_01320060923_011  敷地内には3軒の竪穴住居が復元されています。

当日資料によると、山田上ノ台遺跡は縄文時代中期終わ20060923_014 り頃(約4000年前)の大きなムラの跡で、昭和55年の調査で38軒の竪穴住居跡、60個の貯蔵穴、3箇所のゴミ捨て場などが見つかっており、当時は見晴らしのよい台地の縁に、数軒単位の2つの住居群を設け、周りに貯蔵穴などを配置し、その内側は共同の広場になるよう工夫された場の使い方をしていたと考えられているそうです。

20060923_003_120060923_004_2  現在も敷地内で竪穴住居跡と遺物包含層を調査中で、その状況を間近に見ながら、竪穴住居跡の調査方法や手順を、仙台市教育委員会文化財課の方に解説していただきました。

20060923_005 発掘現場を間近で見たのは初めてだったので、なかなか興味深いものでした。

出土した遺物が展示してあったテントにいらっしゃった市教委の方にお聞きしたところ、何年ぐらいムラが存続したかとか、多いときは何軒ぐらいの住居があったかなどは、これからの調査でわかってくるだろうとのことでした。今後の調査を楽しみに待ちたいと思います。

実際の発掘体験も一般の方を対象に募集しており、明日24日もあるそうですが、次は来年の9月になるだろうとのことです。日程があえば、ぜひ来年は参加してみたいものです。

2006年9月22日 (金)

広重殺人事件

4061851918 「広重殺人事件」  高橋克彦著  講談社文庫 読了。

「北斎と広重展」をみて、高橋克彦氏の浮世絵殺人事件三部作が急に読みたくなって、本箱をひっくり返したが、見つかったのはこれ一冊。

これを以前読んでからか、浮世絵には赤は使われていないと思い込んでいたのだが、読み返してみたら違った。赤は使われていないわけではなく、江戸時代には非常に高価なものだったため、使われている量がすごく少ない、ということだった。

この”赤”とはどのくらいの赤をいうのだろう?。朱色も赤に入るのかな?。

文庫の発行年を見たら、1992年7月だった。その後も何回か、引っ張り出して読んではいるが、久しぶりの再読だった。

2006年9月21日 (木)

[映]ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟

20060921 「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」

監督・特技監督 小中和哉  出演 五十嵐隼士、黒部進、森次晃嗣、団時朗、高峰圭二、いとうあいこ、田中碧海、仁科克基、渡辺大輔、斉川あい、平田弥里、内野謙太、田中実、他

MOVIX仙台にて鑑賞。

ウルトラマンシリーズ誕生40周年記念作品。現TVシリーズで復活させた光の国とウルトラ兄弟の設定を活かし、ウルトラマンメビウスとウルトラ6兄弟との競演である。おかげで「CREW GUYS」はちょっとしか出てこない。

ウルトラ6兄弟&メビウスそろい踏みなら、敵方もウルトラマンからザラブ星人、セブンからガッツ星人、新マン(今はウルトラマンジャックというんだっけ。)からナックル星人、タロウからテンペラー星人、エースからヤプールさらには、Uキラーザウルス、Uキラーザウルス・ネオとこちらもそろい踏み。対決シーンも豊富だし、ザラブ星人の変身したにせメビウスまで登場と大サービス。

なんといっても、ハヤタ、ダン、郷、北斗のオリジナルキャストの4方が、その役で出演されているのがうれしい。お年を召されたけれども、変身ポーズも当時のまま(新マンには特にポーズはなかったが)。

オリジナルにこだわったウルトラマンのAタイプマスクなのだが、一人だけ顔がしわしわで、ちょっと違和感があった。別にCタイプマスクでもよかったような気がするのだが・・・。

ウルトラマンネクサス、ネクストの失敗(?)から前ウルトラシリーズ「マックス」からは完全に復古調のウルトラシリーズ。個人的にはネクストの方向性なんかもきらいではないので、TVシリーズや映画が無理なら、インターネット配信とかで続けてもらいたいと思っている。

なんにしても、古くからのウルトラマンファンも(もしかすると、”が”かも)楽しめる1作である。

2006年9月20日 (水)

フクイラプトル骨格モデル・復元モデル

20060920 福井県立恐竜博物館オフィシャルモデル、フクイラプトル骨格モデル・復元モデルをヤフオクで購入。

荒木一成さんの造形によるもので、福井県立博物館でしか購入できないもの。定価2000円(2種で)よりけっこう高かったが、発売当初(7月)よりはずいぶん下がってきた。福井県立恐竜博物館も一度は行ってみたいのだが、なかなか機会がないので、福井まで出かけるよりは安いかと、ついに購入。

フクイラプトルは白亜紀前期の手取層群北谷層でみつかった獣脚類。カルノサウルス類のシンラプトルの仲間。全長約4.2m。日本で見つかっている獣脚類の中で、唯一全身骨格が復元されている恐竜。

荒木さんの造形はさすがの一言。大満足。

http://www.geocities.jp/araki_dinoshop/kaiyodo/kaiyodofukui.htm

2006年9月19日 (火)

宇宙海兵隊ギガース4

026744410000_s 「宇宙海兵隊ギガース4」  今野敏著 講談社ノベルス 読了。

5月の出版だったのだが、近所の書店で見つからず、今月に入ってようやく他の書店で見つけた。

最新型ヒュームスHuWMS(Human-style Working Machine Standard)「ギガース」を操る美少女パイロット、リーナ・ショーン・ミズキが配属されたニューヨーク級戦艦「アトランティス」ら、地球連合軍と木星圏の反乱者=ジュピタリアンの戦いと、戦争終結のためにその陰に隠れた真相を暴こうとするジャーナリストらの活動を描く。

前作から3年ほどたっているということで、詳しい内容はほとんど忘れていた。

ヒュームスはほとんどモビルスーツスーツだが、描写がよりリアル。行動の不自由な軌道戦というところもマニアック。

次作が最終作になるようだが、また3年待たされるのだろうか?。

2006年9月18日 (月)

北斎と広重展

200609118_001 仙台三越にて「北斎と広重展 -幻の肉筆画発見-」を鑑賞。

昨年6月東京日本橋三越での開催を皮切りにした巡回展の最後の公開。北斎と広重の浮世絵217枚と他の絵師の作品も含めて肉筆画26枚(数え方って、枚でよかったんだっけ?)。

三越仙台店にて9月24日まで開催。

まずは枚数に圧倒。北斎の「富嶽三十六景」や広重の「東海道五十三次之内」も全部揃っていて、すごいものだった。どちらも何枚かずつは見たことがあるが、全部そろいで見たのは初めて。

結構年配の人も多かったが、あまりの枚数に皆さん疲れ気味の様子だった。

肉筆画も北斎が5枚、広重が16枚。なかなか見られないものだが、浮世絵とは違った色彩の見事さに関心。

北斎と広重、高橋克彦氏の「北斎殺人事件」と「広重殺人事件」を思い出してしまった。久しぶりに本棚をひっくり返して、また読んでみようかな。

200609118_002 「北斎と広重展」を鑑賞後、吉野家の牛丼復活祭で、久々に吉野家の牛丼を食す。

味が少し変わったように思えたのは、気のせい?。2年ぐらい食べていないので、忘れてしまった。

2006年9月17日 (日)

悲劇の英雄源義経と奥州平泉

025950170000_s 「悲劇の英雄源義経と奥州平泉」 星亮一著 ベスト新書 読了。

近所の紀伊国屋書店で星亮一フェアをやっていて、眺めていたら、この本を見つけて購入。著者の星亮一氏は福島県郡山市在住の歴史作家。

源義経と平泉、藤原4代の歴史を描くドキュメント。

岩手にルーツがあると、義経や平泉、藤原清衡、基衡、秀衡はきってもきれないものなんですね。

この本は義経や平泉、藤原4代について、コンパクトにまとめられており、著者の強い思い入れが感じられる。義経や平泉にちょっと詳しい人には、目新しいものはあまりないのではと思うが、詳しくはないがちょっと興味がある人には向いているのでは。

2006年9月16日 (土)

ジージェネレーション・ポータブル 攻略状況 その5

現在「機動戦士Vガンダム」のステージ4を攻略中。

200609116_1 現在のコレクション、TOTAL 58%、キャラクター 53%、ユニット 61%、戦艦 62%、ムービーコレクション 58%。

エンターブレインの攻略本、「SDガンダム ジージェネレーション・ポータブル コンプリートガイド」を購入して、さっそく懸案のオプションパーツについての記載を読んでみた。

やっぱり、クリア・ステージ数によって増えていくことが判明。

プラチナのオプションパーツの場合、20ステージの次は、30ステージ・クリアで3種類増えていた。

「F91」終了時点でクリア・ステージ数は27なので、獲得できるパーツが同じなのは当然だった。「Vガンダム」ステージ3(クリア・ステージ数30)終了後、プラチナでオプション・パーツを出してみたところ、「サイコ・フレーム改  パイロットの覚醒値+60」を獲得。

2006年9月15日 (金)

「大英博物館 ミイラと古代エジプト展」特典付き早期日時指定券

Tky200608300296_1 10月7日~2007年2月18日まで東京・上野の国立博物館で開催される「大英博物館 ミイラと古代エジプト展」、前から行くつもりではいたのだが、特典付早期日時指定券の販売が今日までということで、あわてて買った。

会場で海洋堂の限定バーチャルマミー(なんと5000円!)が販売されることは知っていたが、前売り券にもバーチャルマミーミニチュアがついているとは・・・。

チケットぴあで購入したが、フィギュアは会場内ショップで当日、券と交換でもらえるらしい。券を買うとすぐもらえるものと思っていたので、ちょっと残念。

それにしても、日時指定券なんだよね、この券。一応予定の入っていない日を選んだのだが、本当に大丈夫か?。

200609115 その上、9:00~10:00入場の券にしてしまった。ちゃんと早起きして、いけるんだろうね?。ダブルで、ちょっと不安。

2006年9月14日 (木)

[映]X-MEN:ファイナル ディシジョン

200609114 「X-MEN:ファイナル ディシジョン」

監督 ブレット・ラトナー  出演 ヒュー・ジャックマン、ハル・ベリー、イアン・マッケラン、ファムケ・ヤンセン、アンナ・パキン、ケルシー・グラマー、レベッカ・ローミン、ジェームズ・マーズデン、ショーン・アシュモア、他

X-MENシリーズの最終章と銘打たれた第3作。

あっと驚く展開。敵味方含めて、第1作、第2作で活躍したあの人やこの人がそうそうにいなくなったり、戦力外になったり・・・。あの人やこの人が活躍する場面を期待していた人は、すっかり肩透かし。あんまりあっさりなので、どこかで復活するのかとも思ったのだが、少なくとも今作では出番はなかった。

かわりに戦力になる新メンバーやら、キャラクターがかなり増えて一人一人を把握するのが、ちょっと大変。もっとも原作のコミックでは、有名キャラらしいので、原作ファンにはうれしいかぎりかも。

最終章とはいいながら、キュアでただのおじいさんになったマグニートーは、チェスのこまを手を触れずにちょっと動かすは、エンドロールの最後に驚愕(?)のラスト・シーンはあるはで、続編製作の意欲は満々と見た。

2006年9月13日 (水)

11月13日発売予定「カルビー 仮面ライダーチップス」

よく利用している食玩通販サイトから、11月13日発売予定「カルビー 仮面ライダーチップス」の連絡メールが入った。

さてこれは、8月にローソン限定で発売された「仮面ライダーチップス ファイナル」とは別物なのでしょうね。

1999年、2003年、2004年に発売されたもののように、2006年復刻版なのでしょうか?。それにしても「ファイナル」の後とは・・・。

うーん、メールだけでは情報が不足している。

集めているわけではないけど、ちょっと気になる。

2006年9月12日 (火)

λに歯がない

027104380000_s 「λに歯がない」  森博嗣著 講談社ノベルス 読了。

Gシリーズ第5弾。

T建設技術研究所内で4人の他殺死体が見つかる。それぞれのポケットには「λに歯がない」というカードが入っており、死体の歯は抜かれていた。密室状態の研究所で見つかった死体の4人はもとより、犯人も研究所に入った形跡も、出て行った形跡もなかった。ギリシャ文字で表された一連の事件との関係はあるのか?。密室内での殺人はどうやって行われたのか?。

西之園萌絵とC大の3人組が主人公?の本シリーズ。再び密室ものである。密室トリックはかなりの力技。でも密室である必然性がよく見えない。

犯人はかなり普通でちょっと安心。このシリーズでは珍しい?。

このGシリーズ、シリーズを通した1連の流れがあるので、1冊1冊をその本だけで楽しむのはちょっと難しいかも。

ところでφ、θ、τ、ε、λときて、次回作のη、このギリシャ文字の順番にも意味があるのだろうか?。

2006年9月11日 (月)

ジージェネレーション・ポータブル 攻略状況 その4

「機動戦士ガンダムF91」のシナリオをクリアし、「機動戦士Vガンダム」の第1ステージを終了。

20060911 現在のコレクションは、TOTAL55%、キャラクター50%、ユニット57%、戦艦56%、ムービーコレクション55%。

ようやく50%越え。まだ先は長い。

プラチナランクのオプションパーツは「ZZ」、「F91」の終了後にチャレンジしてみたが、新しいものはでなかった。クリアステージ数によって変わってくるのだと思ったが、そうでもないようだ。キャラクターのレベルによって、変わるのか?。

考えてもよくわからないので、後は9月15日発売の攻略本「コンプリートガイド」でも買ってみよう。

2006年9月10日 (日)

親鸞の不在証明

027090400000_s 「親鸞の不在証明」  鯨統一郎著 ノン・ノベル 読了。

時は室町時代。陰陽師の六郎太と白拍子の静は歴史の謎を求めて旅している。親鸞の謎を求めて、親鸞縁の寺に出かけた二人は、そこで浄土真宗中興の祖、蓮如からある村での連続殺人の話を聞く。

「親鸞の不在証明」というタイトルに惹かれた歴史ミステリーファンはちょっと肩透かしを食らう。なにしろその部分は、ラストの10ページほど。まあ導入の部分を入れても、せいぜい20ページ。もうちょっと突っ込んでもらいたかった。

入れ子になったミステリーの部分の探偵役は蓮如で、連続殺人の謎を解く。この部分も親鸞の謎に関係ないこともないのだが・・・。

それにしてもあの犯人が、老人の死体とはいえ一人の男を吊り上げるのはちょっと無理があるような・・・。

2006年9月 9日 (土)

ガンダムウォー プロモ Gカード

ガンダムウォーのプロモ、白Gカードをヤフオクで入手。

20060909 「不敗の流派」の発売にあわせて開催中のチームシールド大会の参加者に配布されているもので、「機動戦士ガンダムSEED C.E.73-STARGAZER-」のイラストを使用している。

「機動戦士ガンダムSEED C.E.73-STARGAZER-」は、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の外伝で、全3話。バンダイチャンネルで現在STAGE-2を有料配信中。

未見だが、コズミック・イラの世界をSEEDの主人公たちではない視点から描くものらしい。11月にDVDが出るようなので、レンタルしてみてみようかな。

2006年9月 8日 (金)

実物大 恐竜図鑑

026693460000_s 「実物大 恐竜図鑑」  デヴィッド・ベルゲン著 真鍋真日本語版監修 藤田千枝訳 小峰書店 読了。

恐竜と同時代のほかの生物計24種・27点の実物大イラストを収録。

本のサイズも36×28cmとかなりの大きさではあるが、さすがに全身が入るのはミクロラプトルと哺乳類のプルガトリウスくらい。

それでも幅1mを超える見開きいっぱいのディロフォサウルスの頭部やティラノサウルスの口はかなりインパクトがある。

普段お目にかかれないイラストが多いだけに、普通の恐竜図鑑に飽きた人にはお勧め。

2006年9月 7日 (木)

[映]マイアミ・バイス

20060907 「マイアミ・バイス」

監督 マイケル・マン  出演 コリン・ファレル、ジェイミー・フォックス、コン・リー、ナオミ・ハリス、キアラン・ハインズ、ジャスティン・セロー、バリー・シャバカ・ヘンリー、ルイス・トサル、ジョン・オーティス、エリザベス・ロドリゲス、他

MOVIX仙台にて鑑賞。

マイアミ警察の特捜課の刑事コンビ、ソニー・クロケットとリカルド・タブス。二人の知人のFBIの情報屋が家族を殺され、自殺し、FBIの潜入捜査官も殺される事件が起きる。FBIなどの合同捜査の情報が漏れている事実に、FBIのフジマは顔の割れていない二人に潜入捜査を要請する。二人は組織の中間マネージャー、イエロとの接触に成功し、運び屋の仕事を引き受ける。そんな中、ソニーは組織のボスと関係のあるイザベラと熱烈な恋におちていく。二人に疑惑の目を向けるイエロは、タブスの恋人であるトルーディを拉致し、取引を命令どおりに行わせた後二人を殺すことを計画する。二人は、トルーディを救出し、組織を摘発出来るのか?。ソニーとイザベラの愛の行方は?。

80年代の同名TVシリーズの映画化。

この「マイアミ・バイス」、TVとはぜんぜん違うという評価が多いようだが、TVシリーズは名前は知っていたが未見だった。比較はできないが、これはこれで結構面白いとは思った。

潜入捜査ということで、あまり派手なアクションは少ないが、最後の銃撃戦なんか結構リアル。ただ、主人公の二人に危機らしい危機はないので、ちょっと盛り上がりに欠ける嫌いはある。

最後まで内通者ははっきりしないし、組織の壊滅には失敗しているので、すぐにでも「マイアミ・バイス2」が制作されそう。

2006年9月 6日 (水)

ワンダーカプセル 仮面ライダー 発売延期

昨日「ワンダーカプセル 仮面ライダーシリーズ1」を注文している通販サイトから、発売日変更のメールが来た。

生産設備の不備による延期だそうで、9月26日発売の予定が、11月または12月の発売に延期だそうだ。

20060826_1 楽しみにしていただけにかなり残念。

←が確認できるのは、いつになるのだろう。

2006年9月 5日 (火)

恐竜キング アクト団カード9月情報

恐竜キングの公式ホームページで、30枚交換キャンペーン[始動!アクト団の野望・9月]の内容が公開されている。

20060905 アクト団6人の中から好きなメンバーのカードを1枚とアクト団バージョンのスリーブ(4枚1セット)と交換というもの。アクト団のカードは前回のものではなく、イラストを一新したもの。

6枚全部集めるためには、なんと180枚もカードが必要。

わりと真っ当なキャンペーンが続いていたのに、今回のはかなりコレクター泣かせ。なんというキャンペーンをやってくれるんだろう。

いや、違うか。一生懸命恐竜キングにお金をつぎ込んでいた人たちへのご褒美か。

ガンダム・ウォーでこういうキャンペーンがあったら、かなりうれしいのだが、恐竜キングではちょっときつい。どうしたものか。

2006年9月 4日 (月)

ジージェネレーション・ポータブル 攻略状況 その3

「機動戦士Zガンダム」のステージをクリアし、「機動戦士ガンダムZZ」の最初のステージを終了。

20060904 現在のコレクション率は、TOTAL 40%、キャラクター 32%、ユニット 44%、戦艦 44%、ムービーコレクション 41%。

Zガンダムステージクリア後、「機動戦士ガンダム」の第1ステージでプラチナランクのオプションパーツを調べてみた。

全22回中、EXAMシステム 11回、ネェルDG細胞 2回、ハイパー・ナノ・スキン 2回、大容量弾薬カートリッジ 2回、ネオ・ガンダニウム合金 3回、Iフィールド 1回、バリア・フィールド 1回。

新規は「EXAMシステム 命中/回避+50、覚醒値+50。MP消費」。

ZZの第1ステージはプラチナランクが可能。ZZの攻撃に6機の支援を付けて、全敵機をたこ殴りすればOK。ただし1機分の余裕しかないので、ZZは超強気のままじゃないと無理かな。

第1ステージ攻略時は2機捕獲したのでゴールドだったため、2回目にチャレンジしたところ、新規のオプションパーツ、「オーバーロードチップ 攻撃/防御/命中/回避+10」、「出力リミッター解除ユニットⅢ 攻撃+20、EN消費20%UP」の2種を確認。

そこでファーストガンダムの第1ステージでもう一度試してみた。

全20回中、オーバーロードチップ 2回、出力リミッター解除ユニットⅢ 5回、マグネットコーティング 4回、フィールドジェネレーターⅢ 2回、ネオ・ガンダニウム合金 1回、Iフィールド 2回、EXAMシステム 2回、大容量弾薬カートリッジ 1回、ハイパー・ナノ・スキン 1回。

ZZの第1ステージは、最初から数えると20ステージ目。攻略済みステージ数によって獲得できるプラチナランクのオプションパーツが増えているようだ。

2006年9月 3日 (日)

氷河期を生きる

地底の森ミュージアムの開館10周年記念特別企画展「氷河期を生きる-2万年前の日本列島-」を見に行く。

地底の森ミュージアムはかなりローカルな施設なので、知らない人の方が多いと思うので一応紹介しておこう。

20060903_003 地底の森ミュージアムは仙台市の地下鉄長町南駅の近くにある、旧石器時代を中心とした市営のテーマミュージアム。富沢遺跡から発掘された2万年前の旧石器時代の遺跡面を現地で保存、公開している。定住の跡ではないが、焚き火の跡を中心として、石器作成の跡などがそのまま展示されている。

Image0720060903_002 建物の外の敷地は、氷河期の森として、2万年前にここに広がっていたと思われる森を再現している。樹木の種類や配置は調査の成果に基づいている。

年4回季節毎に企画展が開催されているが、夏は特別企画展で、今回は旧石器時代の人類の活動と環境を現在の視点から見直すことをテーマにしている。

20060903_001 ここの企画展示室はあまり大きくないので、あまり大規模な展示ではないが、全国各地の遺跡から出土した石器などが数多く出品されている。基本的に写真撮影は不可だが、ナウマンゾウと写真をとろうのコーナーだけはOK。北海道で発掘されたナウマンゾウの骨格標本の複製が展示されている。

子供向け?の企画として、氷河期の動物たちを作ってみようという体験コーナーがあった。ここは大人料金400円とリーズナブルなので、子供たちを連れて行っても結構安く上がる。9月18日までの開催なので、ご近所の方はどうぞ。

2006年9月 2日 (土)

恐竜キング ミニキング

20060902 今月の別冊コロコロコミックSpecial 10月号に恐竜キング限定カード「ミニキング」がついている。

今まで出たコロコロの限定カードは、既存のカードのイラスト違いだったが、今回はオリジナルカード。

とはいっても、マンガのキャラ。酒井ようへい先生のマンガ「古代王者恐竜キング」のキャラクターだそうだ。

どうせ出すなら、カード化されていない実在の恐竜にしてくれよ。恐竜カードコレクターにはマンガのキャラはあまり必要ないもの。

といいながら、アクト団のカードと同様コレクションはしてるけど・・・。

記事によると9月もアクト団の野望キャンペーンがあるようだ。今回は1枚、それとも2枚?。

2006年9月 1日 (金)

海の牙城 5 真珠湾の凱歌

027047600000_s 「海の牙城 5 真珠湾の凱歌」  横山信義著 Cノベルス 読了。

海の牙城シリーズ第5作。米太平洋艦隊が日本本土を強襲している頃、戦艦大和、空母武蔵、信濃を主軸とする第八艦隊は真珠湾の奇襲に成功する。オアフ島をめぐる攻防戦、大和VS米国戦艦の艦隊決戦が描かれる。

史実の逆をたどるように米軍による桂島奇襲から始まった、本シリーズのラストは真珠湾の攻防。

この著者の作品でこんなに日本軍が完勝するのは初めてじゃないだろうか。いつもは被害甚大の辛勝で、あまり勝ったという気がしないのであるが、今回はオアフ島の軍港施設や油槽施設への艦砲射撃の実施まで作戦通り行われる。

さて著者の次のシリーズはどんなものになるのだろう?。どちらかというと多作の著者であるから、近いうちに読めることを期待する。( IF戦記ものの御大、佐藤大輔先生はあまりにも寡作で、シリーズがさっぱり進まないから・・・。)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

節電アクション

  • 節電アクション
    家庭向け節電サイト|電力使用状況お知らせブログパーツ

映画館で見た映画

  • 仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦
    監督 田崎竜太  出演 白石隼也、奥仲麻琴、永瀬匡、戸塚純貴、高山侑子、中山絵梨奈、敦士、小倉久寛、佐野岳、小林豊、高杉真宙、志田友美、久保田悠来、上田眞央、JOY、山口智充、他  2013.12.15 MOVIX仙台
  • ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE
    監督 亀垣一  声優 栗田寛一、小林清志、浪川大輔、沢城みゆき、山寺宏一、高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、林原めぐみ、山口勝平、内野聖陽、夏菜、入野自由、他  2013.12.8 MOVIX仙台
  • REDリターンズ
    監督 ディーン・パリソット  出演 ブルース・ウィリス、ジョン・マルコヴィッチ、メアリー=ルイーズ・パーカー、アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、イ・ビョンホン、デイヴィッド・シューリス、ブライアン・コックス、ニール・マクドノー、他  2013.12.8 MOVIX仙台
  • 劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇
    監督 堤幸彦  出演 戸田恵梨香、加瀬亨、向井理、大島優子、竜雷太、北村一輝、栗山千明、遠藤憲一、浅野ゆう子、神木隆之介、福田沙紀、城田優、田中哲司、安田顕、真野恵里菜、他  2013.12.1 MOVIX仙台
  • かぐや姫の物語
    監督 高畑勲  声優 朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、高畑淳子、田畑智子、立川志の輔、上川隆也、伊集院光、宇崎竜童、中村七之助、橋爪功、他  2013.11.23 イオンシネマ北上
  • 夢と狂気の王国
    監督 砂田麻美  出演 宮崎駿、鈴木敏夫、高畑勲、他  2013.11.17 MOVIX仙台
  • 清須会議
    監督 三谷幸喜  出演 役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、坂東巳之助、鈴木京香、伊勢谷友介、中谷美紀、剛力彩芽、浅野忠信、寺島進、松山ケンイチ、でんでん、篠井英介、浅野和之、他  2013.11.10 イオンシネマ北上
  • 劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇
    監督 堤幸彦  出演 戸田恵梨香、加瀬亨、向井理、大島優子、竜雷太、北村一輝、栗山千明、香椎由宇、有村架純、遠藤憲一、他  2013.11.4 MOVIX仙台
  • ナゾトキネマ マダム・マーマレードの異常な謎【出題編】
    監督 中村義洋、鶴田法男、上田大樹  出演 川口春奈、高畑淳子、山崎一、池田成志、オクイシュージ、井口恭子、若松武史、並樹志朗、他  2013.10.27 MOVIX仙台
  • 人類資金
    監督 阪本順治  出演 佐藤浩市、香取慎吾、森山未來、観月ありさ、岸部一徳、オダギリジョー、仲代達矢、ユ・ジテ、ヴィンセント・ギャロ、寺島進、三浦正己、石橋蓮司、豊川悦司、他  2013.10.23 イオンシネマ北上
無料ブログはココログ