2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

異邦人

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

[ゲーム]ファイナルファンタジータクティクスA2 封穴のグリモア

Esdigital_1972_297541869 ニンテンドーDS用シミュレーションRPG「ファイナルファンタジータクティクスA2 封穴のグリモア」をプレイ中。

「アルカイックシールドヒート」も慣れてくると、それなりに楽しんでゲームを進めることができたが、こちらが発売されると同時に途中で放り出してしまった。そのうちに続きをやるかも(とは言っても、その頃にはゲームのシステムを忘れてるんだよね・・・)。

こちらは本筋のクエストとサブクエストをこなしながら進めていくものだが、現在57クエストを終わらせたところ。

以前から慣れ親しんだゲームシステムなので、結構安心してできる。

ちょっと変わって戸惑っているのが、シーフのアビリティ。以前は「武器を盗む」「鎧を盗む」「兜を盗む」「アクセサリーを盗む」で装備品が盗めたのだが、今のところ出てきたのは「おたからを盗むLv1」。どうやらLv.4まであるらしいのだが、それで装備品も盗めるのだろうか?

クエスト「サンクルール 赤王」で、赤王が「源氏のこて」を持っているんだよね。源氏シリーズというと、つい欲しくなってしまう。

もう少し先まで、このクエストはスルーしておこうか・・・。

2007年10月30日 (火)

仮面ライダーカードR[第3記録]コンプ

仮面ライダーチップスR(カードR)[第3記録] コンプ。

全171種、NO.334「アナザーアギトの特徴」~No.504「仮面ライダー電王アックスフォームvsライノイマジン」。内キラカード仕様は27種。

「仮面ライダー」から「仮面ライダー電王」「仮面ライダーTHE NEXT」までカード化。

今回の感涙ものの1枚はもちろん、これ。

20071030_00120071030_002  No.445 「電波人間タックルの特徴」 キラ仕様

「岬ユリ子が変身する改造電波人間。脳改造の直前、ストロンガーによってブラックサタンから救い出され、以後は彼の相棒として戦い続ける。最後は自らの死期を悟り、ドクターケイトを道連れに散っていった。必殺技は、圧縮電波を衝撃波として敵に投げつける「電波投げ」。」

このチップスRのキラ仕様、キラ継ぎのようなラインが入っているんだよね。キラ継ぎほど太くはないような気はするが、けっこう気になるときがある。

2007年10月29日 (月)

ガンダムウォー プロモ SP-59

ガンダムウォー プロモ SP-59 「ゼク・アイン(第2種兵装)」 ヤフオクで入手。

10月から全国のGW公認店で開催されるショップチャンピオンシップ大会で配布されているもの。

20071029 「ゼク・アイン(第2種兵装)」  黒2  ●4  1

プリベント(3)  強襲

【チーム>[ニューディサイズ](防御ステップ):≪①≫戦闘エリアにいる、本来の種類がユニットではない敵軍ユニット1枚を破壊する】

2007年10月28日 (日)

仮面ライダーチップスR[第3記録]オフィシャルカードバインダー&プロモカード

Esdigital_1973_64451250 仮面ライダーチップスR[第3記録]オフィシャルカードバインダーが届く。

背表紙の写真の1枚に電波人間タックルが写っていて、オッと思ったが、チェックリストをよくよく確認したら、No.445は「電波人間タックルの特徴」。カードの方も届いているが、まだ整理が終わっていないので、まだ確認していないが、楽しみ。

20071028 スペシャルカードは「悪の超兵器カード」5種。

EW001 ショッカー潜水艦

EW002 にせ新サイクロン号

EW003 SS(スーパースリープ)装置

EW004 GOD総司令人形

EW005 人工地震発生装置ゼロ

2007年10月27日 (土)

仮面ライダーチップスR[第3記録] フィギュア王オリジナルチェックリストカード

20071027 24日発売のフィギュア王 No.117の付録は、仮面ライダーチップスR[第3記録] フィギュア王オリジナルチェックリストカード FDC09~FDC12。

たしかフィギュア王のチェックリストカードの絵は、劇場用映画のポスターのものだったと思ったが、記事中に記載がなく未確認。

ハイパーホビー12月号にチェックリストカードが、テレビマガジン12月号でもカードが付く予定らしい。

今日通販サイトからメールが来て、仮面ライダーカードR[第3記録]とカードバインダーを発送したとのことだったので、明日には届くかな。

整理が大変だが、楽しみ。追々アップする予定。

2007年10月26日 (金)

[本]巡洋戦艦「浅間」 北米決戦2

M0345250501 「巡洋戦艦「浅間」 北米決戦2」  横山信義著  Cノベルス 読了。

巡洋戦艦「浅間」とその同型艦の活躍を描いてきたこのシリーズも、これが完結編。

同盟軍艦隊は北米沖に集結し、ニューヨークに肉薄する。

あれだけ強かった米国軍があっさりやられすぎという気がしないでもないが、ヒトラーの乗艦する改アラスカ型大型巡洋艦「スプリット・オブ・セントルイス」(SSって!)対「阿蘇」「浅間」の戦いで盛り上げる。

すでに次のシリーズの話も出ているそうなので、次も楽しみ。

2007年10月25日 (木)

[映]ヘアスプレー

20071025 「ヘアスプレー」

監督 アダム・シャンクマン  出演 ジョン・トラヴォルタ、ミシェル・ファイファー、クリストファー・ウォーケン、アマンダ・バインズ、ジェームズ・マースデン、クイーン・ラティファ、ブリタニー・スノウ、ザック・エフロン、イライジャ・ケリー、ニッキー・ブロンスキー、他

MOVIX仙台にて鑑賞

ブロードウェイミュージカルの映画化かと思ったら、もともとのオリジナルは1988年のジョン・ウォーターズ監督の同名映画なのだそうだ。まあ、どちらも未見なので・・・。

60年代のボルチモアを舞台にして、けっこう重い人種差別やその他の偏見をテーマにしているのに、底抜けに明るいミュージカルになっている。

主人公を演じる、ちょっと(?)太めな、新人とはとても思えないニッキー・ブロンスキーが実にいいのだが、それ以上にすごいのはジョン・トラヴォルタ。

かつて「サタデー・ナイト・フィーバー」「グリース」でスマートな主人公を演じたトラヴォルタの、29年ぶりのミュージカルでの役は、主人公の母。特殊メイクでめちゃくちゃ太った姿で、キュートに踊る。

父親役のクリストファー・ウォーケンも、個性派俳優のイメージが強いが、実はミュージカルにも30本くらい出ているそうで、トラヴォルタと二人で軽やかに歌い踊る。

楽しめる1作。

2007年10月24日 (水)

[DVD]続・夕日町のひみつ

M0341631101 DVD「ALWAYS 続・三丁目の夕日 続・夕日町のひみつ」購入。

11月3日から公開される「ALWAYS 続・三丁目の夕日」のナビゲーションDVD。

映画は2年前に日本アカデミー賞最優秀作品賞他多くの部門賞を受賞した「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編。

前作の4ヵ月後という設定。子供たちは2年の歳月がたっているので、かなり大きくなってしまっているのが、ご愛嬌。

今回のシンボルは日本橋らしい。またまた懐かしい時代がよみがえる。公開が楽しみ。

2007年10月22日 (月)

ガンダムウォー プロモ SPC-27

ガンダムウォー プロモ SPC-27 「たった6日のクエスト」をヤフオクで入手。

10月からブースタードラフト大会の上位入賞者に配布されているもの。

20071022 SPC-27 「たった6日のクエスト」    赤2  ●3  0

[ターン1枚制限]

(自軍ターン):自軍本国の上のカード6枚までを見て、その中にあるキャラクター、「名称:クロスボーン」であるユニットを、任意の枚数だけ抜き出し、表にしてから手札に移すことができる。この効果で2枚以上のカードを移さなかった場合、ターン終了時に手札1枚を無作為に廃棄する。

2007年10月21日 (日)

ガンダムウォー プロモ SP-57

ガンダムウォー プロモ 「SP-57 ガンダムエクシア」をもらいに、「ガンダムウォーツアー2007 仙台大会」に行ってきました。

20071021_001 カードをプレイするわけではないので、カードをもらって、ちょっと会場を見渡しただけですが・・・。ホールの外でもカードを広げて、トレードをしている人たちもたくさんいました。

こんなところにカードをもらいに行くオヤジは、小生ぐらいですかね・・・。

20071021_002 「SP-57 ガンダムエクシア」    θ2  θ2  ●4  1

プリベント(5) クイック

(自動A):このカードは、「刹那・F・セイエイ」がセットされている場合、「専用機のセット」が成立すると智に、+2/+2/+2を得る。

5  2  5

2007年10月19日 (金)

[本]トンデモ日本史の真相

02793835 「トンデモ日本史の真相 と学界的偽史学講義」  原田実著 文芸社 読了。

この本は6月の発売だったが、チェック漏れ。

信長・秀吉・信玄に関する異説、古代遺跡に関する奇説、日中交流に関する奇説、皇室の歴史に関する奇説、予言者・霊能者に関する奇説、神話・伝説・文字に関する異説の6章に分け、それぞれについて巷説とその真相を解説している。参考文献もそれぞれの項目ごとに挙げられており、興味があれば元ネタにもあたれるようになっている。

巷説自体も知らないものもあって、けっこう面白く読めた。

2007年10月18日 (木)

[映]シッコ

20071018 「シッコ」

監督 マイケル・ムーア

MOVIX仙台にて鑑賞。

2002年の「ボウリング・フォー・コロンバイン」で銃社会を、2004年の「華氏911」でブッシュ大統領を痛烈に批判したマイケル・ムーア監督の3年ぶりの新作は、アメリカの医療制度につっこむ。

保険会社の医師からの許可を得ないと医療が受けられないとか、払える金額でどこまで治療するかが決まるとか、救急車で運ばれるのに事前申請が必要とか、エトセトラ、エトセトラ。アメリカの医療制度はなんて怖いんだろう。

マイケル・ムーア監督の映画は、ドキュメンタリーと入っても、中立の立場で描かれているわけではなく、監督の意向に沿わないデータなどは意図的に描かれていないらしいので、映画の内容が全部が全部そうだと思うのは危険だとは思うが、日本の医療制度の向かう方向を考えてみるには十分参考になる。

2007年10月17日 (水)

[コミック]ジャバウォッキー 3

07188313 「ジャバウォッキー 3」

久正人先生のコミック。恐竜物というのはちょっと微妙だが。

恐竜が絶滅を逃れ進化して、恐竜人として19世紀の世界の裏側で暗躍しているという話。

所先生らのブログで読んでみようかと思っていたのだが、近所の本屋(紀伊国屋なのに・・・)になかったので、しばらく待っていたのだが。

結局アマゾンで購入。

設定は面白いが、絵に好き嫌いがあるかも。

2007年10月16日 (火)

ガンダムウォー プロモ SPC-25&SPC-26

ガンダムウォー プロモ SPC-25「ソレスタビーイング」とSPC-26「武力による戦争の根絶」の2枚をヤフオクで入手。

8月下旬からスタートした「ダブルオー・ダブルゲットキャンペーン」でアタリが出るともらえたプロモカード。

このキャンペーンがあったのすっかり忘れていたので、今頃の入手。

20071016_001 SPC-25 「ソレスタビーイング」  θ2 θ2 ●4 0

(自動B):このカードが、カット中で最初にプレイされた効果である場合、全てのプレイヤーは、このカットにカットインできない。

(自軍ダメージ判定ステップ):G以外のリロール状態の敵軍カード1枚を破壊する。

20071016_002 SPC-26 「武力による戦争の根絶」  θ1 θ1 ●2 0

(自動B):このカードをプレイする場合、以下から1つ選択する。

1)(常時):プレイ以外の方法で場に出た敵軍ユニット1枚を、本来の持ち主の本国の下に移す。

2)(戦闘フェイズ):交戦中の、デュアルカード以外の全てのユニットに3ダメージを与える。

2007年10月15日 (月)

[コミック]白亜紀恐竜奇譚 竜の国のユタ 5

07191315 白亜紀恐竜奇譚 竜の国のユタ 第5巻。

ユタは隊商にだまされ、平原王国の闘竜場へ売られてしまう。

「恐竜特捜隊」は、ヒパクロサウルス、トロオドン、エドモントニアの紹介。

2007年10月14日 (日)

大怪獣匠プレミアムバインダー

4543112504746_200 「大怪獣匠プレミアムバインダー」購入。

厚手のバインダーケース付で、9ポケットリフィル20枚入りのゴールド仕様バインダー。

第1弾から第3弾までのカード全種が印刷された仕切りカード3枚付。

さらに匠イラストレーター9人によるプロモ怪獣カード9種。

20071014 P-055 隕石怪獣 ガラモン  開田裕治

P-056 古代怪獣 ゴモラ  雨宮慶太

P-057 悪質宇宙人 メフィラス星人  中村淳一

P-058 極悪宇宙人 テンペラー星人  西澤安施

P-059 どくろ怪獣 レッドキング  梶田達二

P-060 宇宙ロボット キングジョー  大河原邦男

P-061 宇宙恐竜 ゼットン  森下直親

P-062 暴君怪獣 タイラント  高荷義之

P-063 サーベル暴君 マグマ星人  K2商会

どうせカードリストを付けるなら、プロモカードの分もつけて欲しかったな。

2007年10月13日 (土)

週刊EGYPT 19号・20号

週刊EGYPT 19号・20号が届く。

19号の特集は「学校と教育 エジプト文明を支えた底力」、20号の特集は「ヘテプヘレス王妃の財宝 古代エジプト最初の偉大な王妃」。

20071013 20号のコレクションアイテムは、「ツタンカーメン王のミイラ」(1:30)。もちろん黄金のマスク付。

第3の棺に納められていたものだが、第3の棺はいまのところついてきていない。

19号にはDVDが付属。第4巻「埋葬都市サッカラと古代の都メンフィス」。

2007年10月12日 (金)

[本]空中雷撃 覇者の戦塵1943

M0343214901 「空中雷撃 覇者の戦塵1943」  谷甲州著  Cノベルス  読了。

覇者の戦塵シリーズの2年5ヶ月ぶりの新作。

技術者の視線からのIF戦記という作者の意図通り(?)戦闘シーンの描写がない。

鹵獲した新型高角砲弾の解析や長射程噴進爆弾の開発、通信傍受による米軍の新型空母の追跡と、難問をクリアーするための技術者たちの試行錯誤する姿が描かれる。

著者のあとがきによると次巻も地味な話になりそうとのことだが、これはこれで面白い。

2007年10月11日 (木)

[映]ローグ アサシン

20071011 「ローグ アサシン」

監督 フィリップ・G・アトウェル  出演 ジェット・リー、ジェイスン・ステイサム、ジョン・ローン、デヴォン青木、石橋凌、ケイン・コスギ、ルイス・ガスマン、他

MOVIX仙台にて鑑賞。

いわずと知れたジェット・リー=リー・リンチェイと「トランスポーター」のジェイスン・ステイサムのサスペンス・アクション。

ジェット・リーのアクションを期待すると、ちょっと物足りない。ジェイスン・ステイサムのアクションとしては、まあこんなものか。

アクションよりも日本の描写に突っ込みどころ満載。

ジェイスン・ステイサムの日本語も笑えるが、ヤクザのアジトの垂れ幕などに書かれている日本語が笑える。日本語が読めない彼らには、デザインとして映えるのだろうが・・・。

2007年10月10日 (水)

[本]トンデモ本の世界V

Book_14 「トンデモ本の世界V」  と学会著  楽工社  読了。

「U」に続いて「V」読了。

予言本、宇宙の謎本、霊・オカルト・超能力本、エッセイ・評論本、トンデモ歴史本の5章、27冊を紹介。

その他、話題あれこれとして、予言本の章で地震予知の話、霊・オカルト・超能力本の章でX線の眼をもつ少女ナターシャの話を紹介。

巻末にトンデモ本を楽しむのに役立つ「と学会のおすすめ本リスト」が載っている。と学会員の書物が多いとも思えるが、そういうスタンスを取っているのはと学会員だからしょうがないか。以前読んだ皆神龍太郎著「ダ・ヴィンチ・コード最終解読」も含まれている。

それにしてもカバーイラスト、「U」がUFOで、「V」がコマネチって・・・。

2007年10月 9日 (火)

[本]トンデモ本の世界U

Book_13 「トンデモ本の世界U」  と学会著 楽工社 読了。

「トンデモ本の世界」シリーズの最新作。「U」と「V」の同時刊行である。まずは「U」を読了。

「U」には陰謀本、トンデモ科学本、サブカルチャー研究本、地球の謎本、フィクションの5種類のジャンルのトンデモ本29冊が紹介されている。

その他、話題あれこれとして、陰謀本でDVDが1本と、地球の謎本でTV番組の取材のことも紹介されている。

「ドラゴン・トライアングル奮戦記」と題されたアメリカのTV「ヒストリー・チャンネル」の取材とその顛末の話も面白かったが、個人的に一番うけたのは「君もゾンビとプロレスができる!」。

友野証著「バカバカRPGをかたる」についての項だが、トンデモなのはこの本ではなく、そこに紹介されているTRPG。

ゲーム名「パンティ爆発」なんて題名を聞いただけで、ぶっ飛んでしまう。いや、世の中には色々なゲームがあるもんだ。

2007年10月 8日 (月)

第10回みちのくYOSAKOIまつり

仙台では、6日、7日と第10回みちのくYOSAKOIまつりが開催されていました。

今年は250チーム、8500人参加(みちYOSAのHPより)だそうで、毎年毎年大きなお祭りになってきました。

今年は定禅寺通りを使ったパレードが7日初めて行われ、また10回目にして始めてコンテストが行われました。コンテストは全チームが対象ではありませんが、優勝チームは「AOMORI花嵐桜組」。YOSAKOIソーラン祭りでも賞をもらうチームですので、順当なところでしょうか。

20071008_004 今年の目玉、札幌のYOSAKOIソーラン祭りで大賞4連覇の「新琴似天舞龍神」チーム。

メンバーはちょっと少ないですが、優勝チームの見事な踊りを披露していました。

20071008_003_220071008_005  こちらは「幻夢伝」。去年も書いたのですが、小生の地元のチーム。

コンテストには出ていませんが、コンテストのファイナルに残った同じ奥州市の「江刺華舞斗」「紅翔連」の目標となっている(たぶん)チームなので、コンテストに出ていたらかなりいい線行ったのでは、と思います。贔屓目でしょうか。会場の中では「ここが優勝だな」といってる人もいたんですが・・・。

今年は会場もかなりの込みようでした。10回目を迎え、大分認知されてきているようです。

2007年10月 7日 (日)

[TV]ガンジス河でバタフライ

Indiad01 5日11:15~12:10、6日11:00~11:54、テレ朝系放映の「ガンジス河でバタフライ」を見た。

いやー、長澤まさみ、すごい。

牛の糞は踏む、野小便はする、ヤモリを顔や体の上にのせる、太い蛇を首からかける。

ラストは、茶色い水のガンジス川に飛び込んでバタフライ。

も一つおまけに、「元気ですかー」。

女優魂、しっかり見せてもらいました。

泣いてるシーンや大声のシーンで、ちょっと活舌が悪く、はっきり台詞が聞き取れない部分もあるが、あれだけやれば十分でしょう。

清純派のイメージの強い長澤まさみに、こんなギャップのある役(もっとも本人は意外とこんなキャラなのかもしれないが)をやらせる、原作のたかのてるこさんや、脚本のクドカンもすごい。

面白いもの、見せてもらいました。DVDも買おうっと。

2007年10月 6日 (土)

[本]創造士・俎凄一郎 第一部 ゴースト

1825341 「創造士・俎凄一郎 第一部 ゴースト」  山田正紀著  講談社ノベルス 読了。

都市伝説の多い蒼馬市で続発する奇妙すぎる事件。

創造士・俎凄一郎は、第一部のこの本では名前しか出てこない。どこで出てくるのだろうと思って読み進めていたためでもないが、全体像がつかみにくく、読み進めるのが、ちょっとつらかった。

山田正紀氏の作品、嫌いではないのだが、これはちょっと小生の趣味ではなかった。

2007年10月 5日 (金)

[ゲーム]アルカイック・シールド・ヒート

10158373 ニンテンドーDS用シミュレーションRPG「ARCHAIC SEALED HEAT」購入。

FFシリーズの生みの親、坂口信博氏が代表を務めるミストウォーカーの開発ということで、期待の作品。

ということで、早速はじめてみたのだが、どうも燃えない。

ここのところ風邪をひいて体調がいまひとつということもあるのだが・・・。

まずこのタッチペンでの操作というのにどうも慣れない。シミュレーションやRPGでタッチペンを使わなければならないというのは、どうなんだろう。

チームバトルもちょっとかったるいし、キャラクターのグラフィックもね・・・。

もう少し進むと、もっと燃えるのだろうか?

2007年10月 4日 (木)

[映]パーフェクト・ストレンジャー

「パーフェクト・ストレンジャー」

監督 ジェームズ・フォーリー  出演 ハル・ベリー、ブルース・ウィリス、ジョヴァンニ・リビシ、他

MOVIX仙台にて鑑賞。

2007年10月 3日 (水)

ニュートン11月号 大空の覇者「翼竜」

M0185352301 ニュートン 11月号には、「大空の覇者「翼竜」 恐竜時代、空に進出した爬虫類の素顔」という記事が載っている。

翼竜は恐竜ではないが、とりあえず今日の記事は「恐竜」に分類。

2007年10月 2日 (火)

[本]遺跡の声

02922756 「遺跡の声」  堀晃著  創元SF文庫  読了。

2007年10月 1日 (月)

HDMウルトラスーパーメカ その2

「HDMウルトラスーパーメカ あの名機が今、蘇る。」

20070930_004 4.ポインター

ウルトラセブン、ウルトラ警備隊の地上車。

「ウルトラ超兵器」のおまけのようなポインターとは大違い。こいつが一番欲しかったかも。

20070930_005 SP ジェットビートル

ノーマルのマーキング違い。機体ナンバー 911。

119が正しいという話もあるようですが、どっちなんでしょう。

20070930_006 SP マットアロー1号隊長機

ノーマルとは、機首部に黄色のマーキングが入っているだけの違い。

 

ウルトラシリーズのメカの中では、個人的にはタックファルコンも好きなのだが・・・。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

節電アクション

  • 節電アクション
    家庭向け節電サイト|電力使用状況お知らせブログパーツ

映画館で見た映画

  • 仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦
    監督 田崎竜太  出演 白石隼也、奥仲麻琴、永瀬匡、戸塚純貴、高山侑子、中山絵梨奈、敦士、小倉久寛、佐野岳、小林豊、高杉真宙、志田友美、久保田悠来、上田眞央、JOY、山口智充、他  2013.12.15 MOVIX仙台
  • ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE
    監督 亀垣一  声優 栗田寛一、小林清志、浪川大輔、沢城みゆき、山寺宏一、高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、林原めぐみ、山口勝平、内野聖陽、夏菜、入野自由、他  2013.12.8 MOVIX仙台
  • REDリターンズ
    監督 ディーン・パリソット  出演 ブルース・ウィリス、ジョン・マルコヴィッチ、メアリー=ルイーズ・パーカー、アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、イ・ビョンホン、デイヴィッド・シューリス、ブライアン・コックス、ニール・マクドノー、他  2013.12.8 MOVIX仙台
  • 劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇
    監督 堤幸彦  出演 戸田恵梨香、加瀬亨、向井理、大島優子、竜雷太、北村一輝、栗山千明、遠藤憲一、浅野ゆう子、神木隆之介、福田沙紀、城田優、田中哲司、安田顕、真野恵里菜、他  2013.12.1 MOVIX仙台
  • かぐや姫の物語
    監督 高畑勲  声優 朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、高畑淳子、田畑智子、立川志の輔、上川隆也、伊集院光、宇崎竜童、中村七之助、橋爪功、他  2013.11.23 イオンシネマ北上
  • 夢と狂気の王国
    監督 砂田麻美  出演 宮崎駿、鈴木敏夫、高畑勲、他  2013.11.17 MOVIX仙台
  • 清須会議
    監督 三谷幸喜  出演 役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、坂東巳之助、鈴木京香、伊勢谷友介、中谷美紀、剛力彩芽、浅野忠信、寺島進、松山ケンイチ、でんでん、篠井英介、浅野和之、他  2013.11.10 イオンシネマ北上
  • 劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇
    監督 堤幸彦  出演 戸田恵梨香、加瀬亨、向井理、大島優子、竜雷太、北村一輝、栗山千明、香椎由宇、有村架純、遠藤憲一、他  2013.11.4 MOVIX仙台
  • ナゾトキネマ マダム・マーマレードの異常な謎【出題編】
    監督 中村義洋、鶴田法男、上田大樹  出演 川口春奈、高畑淳子、山崎一、池田成志、オクイシュージ、井口恭子、若松武史、並樹志朗、他  2013.10.27 MOVIX仙台
  • 人類資金
    監督 阪本順治  出演 佐藤浩市、香取慎吾、森山未來、観月ありさ、岸部一徳、オダギリジョー、仲代達矢、ユ・ジテ、ヴィンセント・ギャロ、寺島進、三浦正己、石橋蓮司、豊川悦司、他  2013.10.23 イオンシネマ北上
無料ブログはココログ